いぬねこ動物集会所

犬猫など動物関連の2chまとめをまとめたブログです。

北海道土産の「白い恋人」が全然売れなくなってしまった理由wwwwwwwwwww

  2017/05/20(土) 23:27:07.37




商標登録をしっかりやらなかったせいで全国のお土産屋にパクリ商品を作られてしまったから


続きを読む

【悲報】うちのネッコさん、とんでもないイタズラをするwwwwwwwwwww

  2017/05/18(木) 02:26:34.86

夏場なのに一緒にベッドで寝てくる模様…
暑いんじゃっ(迫真)



続きを読む

【悲報】ミスターサタン氏、八百長発覚!!!!!!!!!!!!!

  2017/05/20(土) 20:07:24.86

ミスターブウ氏との密談の音声記録が漏れた模様



続きを読む

ビーバーのダムは「自然に優しい」 長年の誤解は濡れ衣だった!

KingFisherは魚じゃないよ ★ 2017/05/20(土) 20:23:07.02




40代以上の世代なら1970年代に放映された「ドン・チャック物語」や「山ねずみロッキーチャック」というテレビアニメを覚えていないだろうか?

幼少期にこれらの番組を見た世代なら、日本には生息せず、馴染みのない存在のビーバーが「ダム作りの名人」で、周辺の木を切り倒して自然を破壊する原因になっていることもご存知のはず…。

とは言っても、自然破壊の最たる原因は、我々人間な訳だが、米ユタ州の環境団体「エコロジカル・リサーチ」のニック・ウェーバーさんらは、科学誌『PLOS ONE』で長年のビーバーに対する誤解を解くような調査結果を公表した。

チームは2007年から2014年にかけて、オレゴン州に流れるビーバーが生息する川の流域34キロにわたって、23カ所で水温の調査を続けた。

この8年間でビーバーが作ったダムは当初の24個から120個に増加し、さらに調査対象の流域を4キロ伸ばしたところ、全部で134個のダムが作られていたという。

それだけ多くのダムで水がせき止められるようになったにもかかわらず、8年間で下流の水温は平均で2.6℃低下。ダムが増える前は水温が上昇するとバタバタと死んでいた淡水魚の姿もほとんど見られなくなったという。

「ビーバーのダムによって、夏場は川の水温が高くなり、サケなどの生息環境が脅かされると考えられてきましたが、それは誤解だったのです」とウェーバーさん。

ダムが水温を下げる理由はまだはっきりしていないが、ダムの貯水量が増えることで、日中の水温上昇を抑制する効果があるのではないかと指摘している。

英国の専門家のなかには、ビーバーが作るダムこそが、コストをかけず、川の自然な生態系を回復できる唯一の手段だと評価する意見もあるそうで、

ビーバーが環境を変えることで、水鳥が渡ってきたり池に水草が生えるようになったり、森の草食動物にとって貴重な食事場所を提供しているという考え方が広まっている。

(全文)
http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/0/20270.html


続きを読む

【速報】 ネッコ 雛鳥咥えて帰宅

  2017/05/20(土) 16:55:27.80

どないしたらええんや



続きを読む

【サービス開始間近】 飼い猫が逃げたことが開発のきっかけ 猫をアプリで探すサービス「ねこもに」開発者に話を聞いた(写真あり)

ニライカナイφ ★ 2017/05/20(土) 14:52:54.72

6月にスタートする、アプリを使った猫捜索サービス「ねこもに」。開発のきっかけや魅力を聞いてみた。
スマホアプリで迷い猫を探す「ねこさがしIoTサービス『ねこもに』」を、システム開発会社オープンストリームが6月19日に開始します。

写真:ねこもに



猫に装着させた「ねこもに発信器」から発された電波を、iPhoneにインストールした「ねこもに専用アプリ」で受信。
猫のいる場所をアプリの地図上に推定表示してねこを探します。
具体的にどのようなサービスなのか、開発担当者に聞きました。

―― 開発のきっかけを教えてください。

オープンストリーム:サービス発案者・リーダーが猫を飼育しておりまして、その猫が夏場に突然網戸を突き破って逃げたことがありました。
そのときの不安な思いを解消したいという気持ちが、サービス発案のきっかけです。
家族同様の猫が迷子になってしまい、クルマにひかれてしまったり、保健所に保護されて殺処分にされたり、長い間発見されずお腹がすいてひもじい思いをさせたら……となると、もう仕事も手につきません。
昨今の猫ブームによって、日本国内での飼い猫数は1000万頭に迫る勢いですが、その一方で迷い猫になり、飼い主の元に戻れない子も多いです。
また、震災をはじめとした自然災害発生時には、ペット管理が不十分となるため、多くの迷い猫が発生します。
この「迷い猫問題」に対し、システムで解決するために「ねこもに」の開発にいたりました。
「ねこもに」のサービス機能をご利用いただくことによって、地域コミュニティーのネットワークを活性化し、猫と人との共存関係向上に貢献したいと考えています。

―― 使い方や、「ねこもに」ならではの魅力を教えてください。

オープンストリーム:Bluetooth Low Energy(BLE)という無線技術と当社独自の位置推定技術(特許出願中)を組み合わせて「ねこもに」が成り立っています。
スマートフォンなどに搭載されているGPSシステムを採用・搭載すると軽量小型化が難しく、また電池寿命も数日ですが、「ねこもに」は1年間のメンテナンスフリーを実現しています。
既に販売されているBLEを使った製品では、捜索電波の到達距離が20〜30メートルのものもありますが、「ねこもに」の発信機は電波の到達距離で実測値75メートルを実現しました。
より広い範囲を捜索可能で、さらに「ねこもに」独自の推定技術によってBLEの到達電波がどこから発されているのか推測し、他製品より早く猫を発見することに貢献できると考えています。

解説図:ねこもにの使い方



―― 猫虐待の事件も報道されていますが、「ねこもに」で猫を見つけて虐待をするなど、悪用につながる可能性はないのでしょうか?

オープンストリーム:ねこもに発信機と猫の関係性は、公開されておらず飼い主にしか分かりません。
また、家族や仲間と共同で探す際に、アプリに登録してもらうために使用する「時限(30分)有効の任意識別番号」も飼い主しか発行できないので、悪用される可能性は低いと考えます。

発信器(試作品なので、カラーなどは製品版とは若干異なります)


発信器ケース(試作品なので、カラーなどは製品版とは若干異なります)



―― 「ねこもに」のサービス開始は6月19日からですが、既に問い合わせや反響は届いていますか?

オープンストリーム:ゴールデンウィーク中、5月3日〜6日に幕張メッセで開催された「Pet博」にブース出展した際、猫飼いの方から直接お話を聞くことができました。
そこでは、iPhoneで猫を探せること自体への驚きから、旅行時の活用、犬への利用ニーズなどさまざまなご意見をいただきました。
また、Android版のリリースを切望しているという声も多くありました。

専用アプリの表示例







http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1705/15/news144.html

※続きます


続きを読む

【悲報】東京「うーん…新国立は屋根なし!空調設備なし!」FIFA「暑くてサッカーできないぞ」

  2017/05/21(日) 10:04:00.64

新国立で五輪サッカーできない!? FIFA懸念、屋根なく暑さが敵

 2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる新国立競技場(東京都新宿区)で、五輪のサッカー競技を実施できない可能性が浮上していることが20日、
関係者への取材でわかった。暑さや芝の状態などプレー環境が障壁となっている。

 立候補ファイルによると、サッカーは新国立での男子決勝を想定し、閉会式前日の8月8日正午から1試合を予定。しかし、
経費膨張によるデザイン変更でスタジアムに開閉式の屋根や空調設備がなくなったこともあり、国際サッカー連盟(FIFA)が暑さの厳しい正午からの開催に強い懸念を示しているという。
比較的涼しい同日夜はすでに陸上競技が組まれており、調整は難しい状況だ。



続きを読む

【速報】 ネコホイホイ現象、科学者が本気で研究し始める

ニライカナイφ ★ 2017/05/20(土) 14:32:26.19

日本では割と知られているのですが、四角いテープの枠を作るとその中にネコが入るという現象。
何故ネコがこの中に入るのか、そして何故殆どのネコが同じような行動を取るのか、まだ謎に包まれております。
ということでこの現象を本気で研究をし始めた方が居ると海外で話題となっているようですが、わかったところでどうなのでしょう。





このように床に四角いテープで囲いを作ると、なぜか猫が寄ってくる通称「ネコホイホイ」とよばれているわけですが、何故ネコがここに寄ってくるのかは謎です。
ただ言えるのは、殆どのネコが「囲いが大好き」ということなのです。色は何でもよく、囲ってあれば良いということです。
ということでこの不思議な現象を科学者が本気で研究をしているということですが2つの仮説が打ち立てられたということです。

1.テープ独特の匂いに引き寄せられる
2.新しい場所と認識するので安全を確認しに来る

■テープの匂い説

1つ目はテープ独特の匂いです。臭いに引き寄せられ、何だろうということで、寄ってきて囲いの中に入り込んでしまうという説。
ネコはマタタビをはじめ、覚醒作用のある匂いが大好きなのはご承知のことですが、テープの匂いも大好きなのかもしれません。
しかし、実はテープでなくとも「紐」や「電源コード」でも囲ってあればネコが寄ってくるという検証が得られているので匂いだけではないのかもしれません。

ベルトでも引き寄せられる個体もいます。



■新しい場所と認識する説

もう一つは新しい場所として認識する説です。
ここは安全だろうか、まだ誰も来ていないのかな?などなど、人間からすれば全く同じ空間ではあるのですが、ネコにとっては囲ってあるという時点で新しい空間になる・・・?という説です。
ネットゲームで言えば新MAP公開のような感じでしょうか。
確かにユーザが殺到しますね。

ただしすべての個体が入るわけではないようです。




ちなみにイヌで確かめてみると・・・




成功率は低いようです。

これ例えば人間だとどうなのかということですが、人間の子供でやっても多分入らないでしょうね。
しかし、小さい家のような遊具だったら喜んで入っていくでしょう。
ネコ研究者の研究はまだ続きますが、やはり本心はネコに聞いてみるしか無いような気もします。



http://www.yukawanet.com/archives/5215808.html


続きを読む

【朗報】専門家「痴漢しても3日程度の勾留なら職場にバレない」

  2017/05/21(日) 05:00:54.20

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170518/k10010986551000.html

相次ぐ「線路への逃走」を分析

痴漢の疑いをもたれた人が、電車のホームから線路に飛び降りて逃げるというケースがあとを絶たず、今週は、死亡事故も起きてしまいました。そもそも「痴漢を疑われたら逃げたほうがよい」という情報はいつごろ、どのように広まったのか。
そして(あくまで本当に身に覚えがない場合に限りますが)あらぬ疑いをかけられたときは、いったいどう行動すればよいのか。

痴漢をしていないのに疑われた場合は、どうすればよいのでしょうか。
刑事裁判に詳しい東京の桜丘法律事務所の櫻井光政弁護士に聞きました。

痴漢の疑いで逮捕されると、長期間、身柄を拘束され、社会的な地位を失うという恐怖を感じるかもしれません。
ネットでは、「長ければ20日間以上勾留されるので、会社にも知られてしまう」といった情報もあります。

しかし櫻井弁護士によりますと、最近、裁判所は、長期間の勾留を認めない傾向があるということです。

逮捕されても3日ほどで釈放されれば職場などに知られずに済むこともあるので、あらぬ疑いをかけられても、慌てず、落ち着いて行動すべきだということです。

まずするべきことは?

そして具体的な対応としては、例えば、列車の中で近くにいた人に声をかけ、当時の状況を証言してくれるようにお願いしたり、被害を訴える相手や駅員などと自分が交わした会話を録音したりする手があるといいます。

周囲の人が「やっていない」と証言してくれれば、その場で、解放される可能性もあるほか、「触った」「触っていない」といった水掛け論になってしまうのを防ぐ効果もあります。

さらに、起訴されてしまった場合に、裁判の証拠として使うこともできます。
また、その場で十分な弁解ができないと、不利な状況に追い込まれる可能性もあるため、あらかじめ弁護士の連絡先を調べておいて、できるだけ早く電話したほうがいいということです。



続きを読む

香港に行ってきたので微妙な写真をうpするwwwwwwwwww

  2017/05/20(土) 07:48:50.00

まずはマックでフィレオフィッシュ買ったらこんな感じ







続きを読む
ギャラリー
  • うさぎ可愛すぎワロタwwwwwwwwwwww
  • こんな条件に合う犬種を教えてくれwwwwwwwwwwwww
  • フランスパンで人ころしてそのまま食べたら完全犯罪じゃね?
  • 野良猫を見ると「チッチッチッチッチッチ」て舌でやる奴wwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
  • 俺「あ、クモだ。俺の家じゃなくて外で生きてくれ(玄関からポイッ)」
  • 世界一長い猫
最新コメント